思惑通りに上向きのトレンドが続いているEG

持ち株の中で唯一元気がいいのが(シグマクシスもまあまあだがw)EGです。7月頭に700円で購入したと仮定すると、現在1250円なので78%の利益を上げているということになります。 これからの株価の推移ですが、SNSへの監視やゲームサポートなどが益々増す…

ポケモンGOを約一か月間やってみた感想

世界各国で話題となっているポケモンGOを7月の22日にダウンロードし、約一か月間やってみた感想を書いてみようと思います。 自分はスマホゲームに関しては超ライトユーザーの部類に入ります。スマホを持ちたての頃はパズドラなどは多少やりましたが、以後は…

新たな境地に挑むMCJ

業績発表が一段落し、業績がよくない銘柄と好業績銘柄とに明暗が分かれました。円安進行による為替差益や中国などの新興国などの影響により、輸出(特に中国に多い)企業などは大きく業績が下落し、逆に内需色が強い銘柄などは好業績が相次いでいます。 その…

ライザップグループの再評価高まる

8月15日発表の1Q業績発表では、経常利益で38%(通期比率)を達成しました。今季予想に対するPERは20倍とそれほど割安な感じはしませんが、それでもこれだけ急成長している銘柄にしては安いような気がします。 その背景にあるのが札証ということで大手証券…

オリンピック女子柔道「田知本選手」おめでとう!

オリンピック女性柔道70キロ級で見事「田知本遥選手」が金メダルを獲得しました!田知本選手は今回のオリンピックではノーシード選手であり、業界関係者の間ではメダルはないだろうと囁かれていました。 前回のロンドンオリンピックでも日本代表に選ばれてい…

ソニーの快進撃はいつまで続くのか

VRの発売が決まってからソニー株の快進撃が続いています。地合いなんてどこ吹く風、周りの銘柄とは一線を画す銘柄となっています。 この快進撃がいつまで続くかですが、恐らく電車は急には止まれないという感じで、素プレステVRの販売延期がない限り、10月ま…

シグマクシスの反転はどこまで続くか

8月4日にシグマクシスの1Q決算が発表されました。 売上高 2598 前年比15%アップ 営業利益 184 前年比15倍 経常利益 133 前年比19倍 純利益 93 黒転 一株益 4,7 黒転 決算予想は据え置きで 売上高 9780 前年比2.9%アップ 営業利益 …

好決算銘柄が買われる相場続くか

若干ボラが安定してきており、少しずつ上昇トレンド形成に向かって地固めしているといった感じとなっている日本株式市場です。 この原動力となっているのが好業績銘柄発表です。輸出企業による下方修正などもありますが、小型優良株や半導体関連、内需関連な…

下向きの力が強いようで・・・

アベノミクスに逆らうな!をスローガンに買い目線でいるものの、このところ、ダウに引きずられて下向きの力が強まっている日本株式市場です。 ダウもこのところ元気がありません。指標として日本の景気対策がしょぼかったことや、原油価格の下落、新車販売台…

EGの躍進に期待

EG(6050)が昨日引け後のに通期業績予想を上方修正しました。 ・売上高23.6%増 ・営業利益53.7%増 という予想を出しています。主にゲームサポート事業においての伸びを理由としており、今後益々の業績の伸びが予想されます。 これにより、前…

ちょっと落ち着いたように感じるマーケット

今日の寄りは200円安となり、「追加緩和のしょぼっぷりが尾を引くのかな・・・」と落胆していたものの、そこから一気に上げて前場のうちにプラテンし、一時前日比100円超の高値を付けていましたが、結局その後落ち着き前日比66円プラスで取引を終え…

沸騰株の撤退は5日腺割れが指標

今回のポケモン相場に乗れた人乗れない人色々だと思いますが、短期スイング、デイトレ、スキャなどをしている方は、何らかの形で参加したものと思います。 参加した方全てが思ったこととして、株価の下落はいつ始まるのだろうかという点でしょう。買おうと思…

しょぼすぎる追加緩和で右往左往

大注目されていた日銀決定会合ですが、結果ETFの年間買入れを3.3兆円から6兆円に増額するという、しょぼすぎる追加緩和発表となりました。 市場ではETFの更なる増額や金利の更なる引下げなどを期待していたようで、期待があった分だけ、それに届かなかっ…

経済対策27兆円vs追加緩和なし

ポケモンGO相場は任天堂のしょぼすぎる決算発表と、ポケモンGOPLUSの発売延期で完全に息の根を止められたという感じとなっています。まだよく分かりませんが、取りあえず大相場は終わったといえそうです。 そんな相場の中、期待されているのが安倍首相が発表…

ポケモンGO相場は次なるステージへ

大口の撤退が相次ぎ発表された任天堂株は空前の灯という感じでジリ下げトレンドに移行しているのが分かります。これにより、サノヤスやイマジカ、ハピネットなど沸騰していた銘柄も相次いで調整しています。 これに対してポケモンGOPLUSの発売が今週金曜日に…

任天堂一旦戻すがトレンド逆転には至っていない

注目されていた任天堂株の動向ですが、一旦22000円まで売られたものの、終値でプラス1.6%とチャートの形としてはいい形で終わったという感じです。ですが、トレンドの逆転とみるのは早計であり、今後とも方向感のない動きになるような予感がしてい…

マーケットは方向感なく出来高減少・・・

任天堂の訳ワカメなIRにより、ポケモンGO関連銘柄が一様に調整しています。相場の目玉がなくなったからか、マーケットを非常に静かになってしまったという感じとなっており、方向感がなくしらけた相場という言葉がピッタリくる感じでしょうか。 ということで…

任天堂IRによって下がってはいるが

昨日、突如任天堂からIRが発表された。 https://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2016/160722.pdf ハッキリと感想を申し上げると、ネガティブな印象を受ける内容です。売り上げは爆発的ですが、我が社のファンダメンタルへの影響は極めて限定的です。よって、業績…

予想通り一旦調整のポケモン銘柄

ポケモンGO日本でのリリースが延期になっていることによって、予想通り買いが続かず調整の色が濃くなってきたポケモン銘柄です。 現在買われているのがサノヤスとシライ電子、イマジカロボットのみで、他は軒並み買いが続かず寄りは買われていたものの、現在…

発売延期によって調整したポケモンGO銘柄

本日10時にポケモンGOのリリースが予定されていたものの急きょ延期されました。この延期を分かっていたからなのか分かりませんが、任天堂は今日は寄りから大きく値を下げました。 大口に影響を受けないサノヤスやエスケイジャパン、シライに関してはどこ吹く…

ポケモンGO関連株の物色が続く

マザーズ先物がデビューしましたが、何ともお寒い状況で日経が前場80円高と少し買われている感じとなっています。 そんな中、独歩高となっているのがポケモンGO関連銘柄達です。任天堂が前場10%超の上げとなっており、 ・サノヤス ・イマジカ ・ハピネット …

ポケモンGO本日は配信されず

私自身はそう思っていなかたのですが、巷では3連休初日の本日ポケモンGOが配信されるのでは?という噂がまことしやかに流れていました。 某有名なトレーダーは、昨日の夜にPTSで任天堂やサノヤスを買い占めているというツイートをしていました。これにつられ…

ポケモンGOの日本配信は来週か

nlab.itmedia.co.jp ↑ 昨日更新された、ポケモンGOのゲームディレクターの増田氏のブログです。昨日の段階でこのような発表をしていることから、日本でのリリースは来週の火曜日~木曜日くらいになるのでは?と予想しています。 3連休を挟むので月曜日の朝10…

ポケモンGO関連銘柄の本命は!?

ポケモンGO大旋風が起きています。このお祭りに参加しないのはもったいなさすぎます。投資家を名乗るならぜひ参加したい祭りであります。 何故かというと、超特大材料だからです。アメリカですでに大旋風を巻き起こしており、ヨーロッパでも好調となれば、日…

自民圧勝で大型補正予算や追加緩和憶測強まる

参院選が無事与党圧勝で終わり、何となくですがイギリスショックから立ち直ってきたかなという感じとなってきた日本株式市場です。 もちろん、このまま上げ続けるというのではなく、外部要因的にはマイナス要因が強く、更に円高が進行していることからトレン…

雇用統計無事通過、後は選挙かどうなるかによる

www3.nhk.or.jp 以上のように、失業率は若干悪化したものの、農業以外の就業者数は市場の予想を大きく上回まり、更に平均時給も2,6%上回るという結果となりました。この結果をうけ、ダウ平均+250円・1.4%の上昇となりました。これにより、日経先物も+…

生体認証に物色の動き

日本株式市場冴えませんね。雇用統計を控え手控えムードなのは分かりますが、それにしても閑散相場であくびが出てきます。前回の雇用統計があまりいい数字ではなかったので様子見感が強い感じとなっています。 ここでアメリカまで崩れてしまい、利上げが消失…

100円切ったらどうなるんだろう

現在ドル円は100.25円、もうすぐにでも100円を切ろうとしています。今週は米の雇用統計を控えているというのもあり、どのように動いても安全な円を買おうという動きによるものだと思います。 実際には雇用統計の数字がよく利上げが行われる方向に予想さ…

日本動物高度医療センターに注目

現在は人間のみならず、動物医療の世界には高度医療の傾向が強くなっています。その先駆けとなっているのが日本高度医療センター(6039)です。 まだ歴史こそ浅いですが、提携している動物病院は日本全国にあり、その数は3000を超えています。 現在は川崎と…

MDMの人口関節に興味津々

イギリスのEU離脱決定で1200円もの暴落をみせた日本株式市場ですが、そこから700円戻すという強い反発を見せています。ここからどのように動くか全く分かりませんが、何か大きな外部要因がない限り、ヨコヨコボックスで推移すると予想しています。 そ…