読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本株こんなに上がっちゃって大丈夫?

いや~週末金曜日にして270円高と大フィーバーをみせた日本株式市場です。円安株高でウハウハ言っている企業もあることでしょう。

 

これほど上がると調整による落差が怖くなるのが人の心理としてあります。よって、そろそろ調整利食いになるのかなと思われます。それがいつになるかは分かりませんが、アメリカの利上げが早まる可能性が否定されれば、ドルが売られ形勢が逆転し、それにより株価も変動することが予想されます。このことから、22日のイエレン議長の発言が注目されています。

 

もし、22日来週の月曜日に利上げが早まらないと捉えられる内容の発現があれば、一気に流れが変わると予想できるので、取りあえず今後数日はあまりポジションを多く持たないようにした方が賢明かもしれません。

 

日本株全般としてはウッハウハだったようですが、私の持ち株は相変わらずお寒い状況が続いています。上昇する株価を指をしゃぶりながら見ていただけという一日でした。

 

本日大失敗したのは「ラクオリア創薬」です。昨日の夜、アメリカでガンに対する薬で特許を取得したというニュースが入ってきたので、即PTSで購入しました。よ~し明日はストップだ!と意気揚々と就寝したまではいいのですが、ふたを開けてみれば620円で購入したのに590円止まり・・・。ストップどころかPTS株価も越えられないていたらくぶりで話になりません。結局損きりで損害を被るという形になりました。

 

ここ最近、ニュース・決算絡み銘柄ばかり購入して失敗続きです。なので、今後しばらくニュース・良決算が出た銘柄を買うことをやめようと思っています。ニュース・決算銘柄は仕手筋、富士山チャートなどと呼ばれており、儲けられる時は設けられますが、その分リスクも高いというのが常識となっています。私はそれを肌で感じようと思いここ一か月ほど続けてきたのですが、やはり専門家がいう通りニュースが出てから買っていたのでは機関投資家のカモであり利を上げることが難しいという結論に至りました。

 

よって、先ほどもいいましたが、今後は絶対!という場合を除き、ニュース銘柄を追いかけるのをやめようと思っています。

 

とはいっても、新聞などで取り上げられた「新技術開発」などのニュースで継続的に上がることが予想できる銘柄については、積極的に売買していこうと思っています。

 

基本的には自分が監視している300銘柄の中からチャート、地合い的にいいものをスイングで購入し利を上げていくという方法を極めて行きたいと思っています。

 

更に、現在四季報秋号を見て目星を付けている銘柄があるので、それらもチャート、地合いを判断しながら売買していきたいと考えています。

 

やはり、ニュース銘柄は買うな!っていうのは正しいんですね~。身を以て知ることが出来ました。とはいっても、単に下手なだけでありもっと方法を極めれば勝てるようになることも考えらるのですが、これ以上資金を減らすのは勘弁という感じなので確実な方法へと戻ることを選択しました。