読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このまま崩れてしまうのか・・・

今日は午後に日銀砲らしきものが打たれて一瞬高騰しましたが、その後ジリジリ下げて取引を終えた日本株式市場です。このところ日本株式市場はボックス相場が続いており、ある程度上げたらその後売られ、売られきったらまた上げるという値動きを続けています。

 

背景にはアメリカの利上げや中国不安があります。日本経済は堅調なものの、リスク要因が大きいものなのでそれに引きずられてしまっている感じでしょうか。それを感じてか個人投資家の間ではそろそろヤバいぞという悲観的な見方をしている方が増えているようです。

 

私自身の考えとしては、やはりこのままアメリカの株価が下げ続け、更に中国実経済が先細りになれば日本株式市場もトーンダウンしていくのは避けられないと思います。特に中国経済の影響をもろに受ける機械関係や製造業などは売り気配が強まると思います。更にどう見ても買われ過ぎているバブリーな銘柄も売られることになるでしょう。

 

しかし、基本的には日本経済は右肩上がりなので、オリンピック関連や内需株、業績の先行きがよく割安な銘柄、将来性の高いテーマ株などは上げていくのではないかと思っています。よってそれほど悲観することなく、ある程度先をみて長期的に投資するということを行えば短期的な下げはあるものの、それほど怖がる必要はないと思っています。

 

細かく取引する場合には、ボックス相場を頭に入れながら売られ過ぎている銘柄はリバウンドを狙い、買われ過ぎている銘柄は売りを狙うというように、ある程度チャートを見ながら売買することや、政治や世論、流行を反映したテーマ株を先取りするというような方法でトレードするようにすることを心がけます。

 

いずれにしても神経質な相場が続くと思われるので、日々地合いをチェックしながら方向性を微調整することが必要になりそうです。