読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの不透明感に売り?

利上げ延期が決まった途端売られている日本株式市場です。まるで利上げ延期を知っていたかのようにそれまで上げていたものの、事実が分かった途端売られるという、まるで決算発表の時のような値動きをしています。

 

こうなると我々素人には手出しできませんね。単純に利上げ延期となれば株価は落ち着くだろうと思いがちですが、そこで売られ根こそぎ持って行かれるのが負け投資であり、ファンドのエサになるということになります。

 

今の相場は完全なボックス相場であり、上げれば下がる、下げれば上がるといったような動きをしています。個別も同様であり、下げれば上げる、上げれば下がるという動きを短い周期でしている銘柄が目立ちます。

 

このような時は周期を完全に読み切れば勝てますが、読み違えると確実に負けます。というか日経が上げに転じ3~4日続くのならば追随という投資法で取れると思いますが、続かずに日々変わるのならばまず損してしまうので短期トレードはしない方がいいでしょう。

 

単純に長期トレードで動かずに待つか、何も触らずに動く方向が読めるまで静観するという方法が一番です。特に個別は非常に短い周期でアップダウンを繰り返しているので、上がったかな?と思って買いに走ると翌日下げ、下げ切ったかなと思い買い走るともっと下げる、そして売った後に上げるといったようなチグハグな値動きになることが多いのでどんどん資金は目減りしていきます。

 

ということで、当分は値動きが完全に分かる時だけトレードするというようなスタイルとし、分からない時はノーポジでいいと思いますね。とはいっても、日々しっかり動きをみて勉強するという姿勢を持ちつつですが。

 

現在先物は100円程度下げるという事態となっています。アメリカが利上げを延期したことによる不透明感による売りと書かれていますが、単に見越したファンド事前に買い、そして今それを売ってるだけだと思いますけどね。そして先物も売るみたいな。

 

全く分からないのでノーポジ継続です。