読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取りあえず政治絡みが上げてるのか

先ほど安倍総理の会見で

・TPPに力を入れる

・生産性革命を起こす

・デフレ脱却

という政策に力を入れるという旨の発表がありました。補正予算はなしとのこと。

 

少々ため息が出る様な発表ですが、以上によりTPP関連が復活することや、政府の方針として

少子化対策

・介護職離職ゼロ

を謳ったことによる関連銘柄への物色が引き続き旺盛になっています。

 

以上による関連銘柄へ買いが向かうことや、10月の追加緩和実施への思惑により今日は大幅に反発しました。という風に感じていますが、単純に下げ続けていたことによる反発による上げだったのかもしれません。

 

いずれにしても、上がる時というのは「何かしらの好材料」が隠れていることが多いので、その好材料に期待したいなという気持ちが強いです。

 

こんな夢を見て買いに走ると、いきなり梯子を外されて再び下げトレンドに戻ってしまうことも十分に考えられるので、細かく取引をして大損しないで細かく儲けるという姿勢で市場に臨んでいきたいと思ってます。

 

取りあえず日銀追加緩和の思惑を考え、「いちごGHD」を注視して、もし動きがあればその動きに乗り利を得たいとも考えています。

 

このような考えから

・TPP銘柄

・介護銘柄

少子化対策銘柄

・金融関係(いちごGHD)

などに注目しながらの取引が続くと思います。とはいっても、地合いに飲まれるボラボラ相場なので、全体的に崩れそうだと思ったらノーポジに徹することも大事だと思います。