読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイミングの売られ過ぎが気になる

あまりゲーム銘柄は手掛けないのですが、新作ロストレガリアが好評なことと、事前登録が12万人を突破したことに加え、チャート的に大噴火前のような形になっていることなどを踏まえ考えると、買っておいてもいいのかなと思っています。

 

ゲーム銘柄は人気があるので一旦火がつき始めると一気に株価2倍になることも少なくありません。私の場合資金に余裕がある訳ではないので辛いところですが、ここは勝負を賭けて買ってみてもいいのかなと思ってます。

 

ロストレガリアの動画ムービーやレビューなどを見ていると、「本当にスマホゲーム?」というほどの作り込みがされており、これはゲームをよく知らない自分でもすごいというのが分かります。自分でプレイしていないので何ともいえませんが、ネットなどを見ていると俄然プレイしてみた願望に買われます。

 

何よりチャート的に割安感があり、更に大幅下落から反発していないということにより、材料を含め考えると反発しない方がおかしいとさえ思えてしまいます。

 

本日は今から日銀決定会合の発表が行われる予定です。追加緩和が行われるならば取りあえず金融関係株を物色する動きが高まることから、それら銘柄を買った方がいいかと思いますが、前回の値動きを見ていると寄り天というかJCとなり、その後下げることが多いことから、どちらかというと好業績で売らている銘柄で輸出関連や電機関連、それに出遅れている金融関連を買った方が無難だと思います。

 

追加緩和がなかった時には一段下げることが必至なので、インバースなどを買って下げ止まるのを待ってエイミングやローツェ、EG、その他TPP関連、自動運転関連などを買ってみることを考えています。

 

いずれにしてもマーケットに逆らわないように、柔軟な取引を心がけていきたいと思っています。