読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融が密かに買われてますね

ようやく外国人が買い越し。本腰入れて日本株が買われているようです。ココへきて伸びを見せ始めているのが「金融関係」です。保険、不動産、銀行、証券会社などの金融関連が密かに買われ続けており、本日一気に花開いたという感じでしょうか。

 

背景にあるのが追加緩和だと思います。6,7日はさすがにタイミング的には早すぎる感じがしてやらないと思っていた方が大半だったと思いますが。何となく期が熟した感のある30日はあり得るような感じがします。

 

私としては何となく効果を一番発揮しそうなアメリカの利上げのタイミングに合わせると思っていたので、利上げが11月~12月末と考えると、11月であれば10月30日があり得ると思いますし、12月にずれ込むのであれば30日はないなと思います。恐らく日銀はFOMCの情報を頼りにタイミングを見計らっていると思います。

 

この妄想が正しいとすると、現在世界の株価が怪しい兆候を見せていることにより、アメリカの利上げが行われないという事態になると、必然的に追加緩和が行われなくなるということになります。

 

最近アメリカの経済指標が相次いで悪化してることにより、恐らく利上げは年内延期になると予想出来るとすると、追加緩和は無しになる可能性が高いといえます。

 

この過程を元に考えると、利上げ先送りによってアメリカ株が買われて上げ、その上げに合わせて日本株も買われますが、結局それは直近の下落によるリバウンドと利上げ延期による上げであり、実経済を反映しているものではありません。よって、長期的なトレンドとしては下げていくことが予想できます。

 

昨日のブログに今年いっぱいは上げていくと書きましたが、今月末に利上げが行われないとなると、そこからかなり下落することが予想できます。しかし、基本的にはまだ強さが台頭しているので、その後リバウンドが期待できます。よって年内いっぱいはややボックス気味でありながら緩やかな上昇トレンドになると予想します。