読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コア(2359)の未来に期待

日本株式市場ハッキリしないボラ高な相場が続いていますね。節税のためかこの時期は毎年売りが目立ちますが、例年通り節税+年末決済のため売りが先行する相場となっています。

 

そんな中、コア(2358)の未来に期待しています。コアは情報システム企業であり、主に車載やスマートデバイスの組み込みソフトを得意としています。そしてコアの一番の魅力といえば「精密単独測位方式対応cm級測位受信機」です。コアという企業の最大の魅力となっています。

 

現在コアはJAXAと組み精密単独測位方式対応cm級測位受信機の研究を行っています。現在日本では衛生みちびきを打ち上げて高精度な測位システムの構築を急いでいるが、衛星の方は開発が進んでいるのに地上の受信機側は開発が遅れているのが現状です。よって、自動運転など国が推進する事業などの足かせになっているという現状もあります。

 

そんな現状を打破すべく研究しているのが、先ほど紹介した精密単独測位方式対応cm級測位受信機なのです。他の企業(ヤンマー、日本無線、トプコン、マミヤ、古野電気、セック)もありますが、コアが飛びぬけていますね。

 

測位受信機は自動運転だけではなく、ナビやドローン、農業機械、建設機械を始め、軍事などへの利用も考えられ、その需要は無限大に広がります。

 

皆さん車のナビで目的地付近で見失うことありませんか?あれは発信機及び受信機が曖昧であり、ピンポイントで目的地を把握することができないからです。しかし、コアの技術が高まることにより数センチ単位で目的地を機械が示すことができるようになります。

 

このような素晴らしい技術を持つコアをいう企業に未来を託してみようと思いませんか?