読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年もいい感じのティーライフ投資法

好業績でしかも優待が喜ばれる銘柄といえばティーライフがあります。ティーライフは毎年7月末日が優待確定日なので、大体毎年3月位から買われ始め、7月末の優待確定まで上げ続けます。

 

この優待による上げはここ3年間ずっと同じペースで行われており、2年連続で約5か月の投資で35%というパフォーマンスを上げることができています。5か月で35%ってかなりすごい数字であり、一年間に換算すると84%というパフォーマンスとなります。

 

毎日テーマ株を追い求めるという投資法をしてい方の場合は、取れる時はドカンと2倍、3倍という大儲けが出来ますが、延べてみると取られる時もありますので、それほど大きなパフォーマンスとならないことの方が多いのではないでしょうか。

 

とはいっても、ずっと同じ銘柄を持ち続けるのはつまらない・・・。という意見もあるのは事実です。なので、全キャッシュの3割くらいをティーライフのような確実性のある銘柄に向け、その他をテーマ性のある銘柄にて日々投資を楽しむというような方法が私はいいと思います。もちろん、全てティーライフでも全く問題ありません。

 

地合い?そのようなものはティーライフには関係ありません。といいたいところですが、この間の大暴落時にはティーライフも思いっきり売られています。ちょっとした上げ下げには感受性ありませんが、大きな暴落時には暴落するということを覚えておかなくてはなりません。

 

現在の株価をみると、ダウも日経も手詰まり感満載です。直近はダウ18000円、日経17500円くらいまでは買われる可能性もありますが、それ以降はヘッジファンドなどが売り仕掛けしてくると思われますので、売り目線で考えた方がいいでしょう。その後16000円で再び上昇トレンドを形成していくと思われるので、その後は放置プレイでおkだと思います。