読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これから注目されそうなテーマ銘柄

中国の爆買いがひと段落し、百貨店などの小売銘柄の決算が軒並み前期割れを発表しています。これが単に爆買いの反動なのか、それとも日本が不景気に陥っているのかということを分析しなければなりませんが、売り上げが減少しているのは間違いありません。そんな小売銘柄が影を落とす中、これから注目されそうな銘柄を取り上げて見ます。

 

①医療+人工知能

いかにも短期筋が好みそうなテーマです。先日、ガン治療薬を人工知能が選択するというニュースが飛びんこでから

・FRONTEO(2158)

・フォーカスシステム(4662)

が物色されています。更に個人的には医療データを保険や医療データによる治療、予防医療に力を入れている「ノーリツ鋼機(7744)」にも注目しています。

 

 

②カジノ

昨日遅く公明党がカジノ法案の審議入りを認めるとの報道が発表されました。

headlines.yahoo.co.jp

これにより、カジノ法案は一気に動き出すことが考えられます。カジノ銘柄の本命は

・テックファーム(3625)先日の増資も動きを睨んでのことか?

オーイズミ(6428)

・日本金銭(6418)

・インターライフ(1418)

ユークス(4334)

アドアーズ(4712)

桜島(9353)

くろがね工作所(7997)

まーこの辺を抑えておけばいいのではないでしょうか。テックファームとインターライフ辺りが本命でしょうね。桜島も面白いです。

 

③VR

ひと相場終わった感が強いですが、中長期としてにぎわいを見せていく可能性が高いので、ちょいちょい出るであろうカタリストによって小噴火を続けていくことが予想されます。

 

今後は恐らくですが、ハードよりもソフトによる影響が強いのかなと思いますね。その点ではサン電子やグリー、サイバネット、スクウェアエニックスなどに注目しています。

 

その他、アミューズメント施設などにも導入されることが考えられるので、カジノ銘柄にも取り上げたアドアーズなども面白いのかなと思います。とにかく、ポケモンGOのような話題+売上+面白さを兼ね備えたソフトが出れば一気に過熱することが予想されます。

 

 

④5G

これは再三再四このブログで取り上げています。自動運転、高画質映像のスマホ受信、iot、ict、ロボット制御など挙げればきりがないほどの材料があります。オリンピックに向けて本腰を入れてくると思うので、中長期で持てる銘柄となります。

・サイバーコム(3852)

・アルチザ(6778)

理経(8226)

パルテック(7587)

・ネクストジェン(3842)

などが本命となります。その他、次世代映像関連の

・アバール(6918)

・テクノマセ(3787)

・日本ラッド(4736)

・ニューテック(6734)

・メディアGL(6659)

ソリトン(3040)

などにも要注目です。

 

以上以外にも引き続きiot関連、モバイル決済関連、システム構築関連、次世代電池関連、半導体関連、人材派遣関連、アルミ関連、人工知能、生体認証なども物色されていくことが予想されます。