読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高配当銘柄を考える

日銀のマイナス金利導入でタンス預金が増えると読んで

・日本アイエスケイ

くろがね工作所

などが買われていますが、あまり現実味無いですよね?単なるマネーゲームなら分かりますが、銀行に預けると金利がマイナスになるからといって金庫を買って家で保管するという方法を選ぶ人は果たしてどのくらいいるのでしょうか。

 

自宅で金庫にて保管するということは警備銘柄も買われるという憶測もなされており、警備関連銘柄も買われています。

 

このような沸騰劇もありますが、最近注目されているのが高配当優待銘柄です。不動産銘柄も一時買われましたが、一部の金持ちなら分かりますが一般人は不動産を買うというのは現実味がありません。そんな中一番現実味があるのが高配当優待銘柄です。

 

一部の報道によると、高島屋などのデパートにて比較的高金利の預金サービスがあるらしいのですが、そのような預金サービスが大人気となっているようです。しかし、何度もいいますが金利3%以上となると株式投資以外考えられません。

 

よって、2月、3月に一括配当となる高配当銘柄が脚光を浴びることになると予想しています。

2月

ありがとうサービス

アルバイトタイムス

ツヴァイ

和田興産

3月

第一商品

ワコム

シャルレ

京都きもの友禅

など他にも多数ありますが、銘柄選びは楽しいので自分で調べた方がいいかと。