読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自民圧勝で大型補正予算や追加緩和憶測強まる

参院選が無事与党圧勝で終わり、何となくですがイギリスショックから立ち直ってきたかなという感じとなってきた日本株式市場です。

 

もちろん、このまま上げ続けるというのではなく、外部要因的にはマイナス要因が強く、更に円高が進行していることからトレンド的にはマイナスが続くと判断していますが、短期的にはタイトルにも書いたように、与党圧勝によって大型補正予算成立に向けた動きや、追加緩和思惑が先行することによって買いが先行すると思われます。

 

今日の動きを見ていると、日本国内だけではなく外国人投資家による買いもかなりあった、という見方がされていることから、明日以降も同様に買われて上げていくことが予想されます。

 

では、どのような銘柄が買われるのでしょうか。それは、今まで眠っていた各種大型株です。補正予算の思惑があるということで、建設株や不動産株が買われるのはもちろん、鉄鋼や証券、保険、輸送など幅広く買われることが予想されます。ただ、今回のように大きな資金が入ってきている時は、小型新興株は元気がなくなる傾向が強いので、短期的な売買を行う予定の方は、大型株や補正予算や追加緩和に絡む銘柄に資金を移して置くべきだと思います。

 

もちろん、アゲアゲ相場となれば、資金は循環していきますので、やがて大型が一服して新興銘柄が買われる時期も来るでしょう。要するに流れを読んで投資を行う必要があるということです。このような時はテーマを追っていると寄り天ばかりをつかんでしまい逆に損をすることになるので、全体的な流れを読みスイングトレードを心がけるようにすればいいのかなと思います。

 

これは私見ですが、

・不動産銘柄

・金融銘柄

・人工頭脳関連

・iot関連

・セキュリティー

辺りが幅広く買われるのではないかと思います。何故かというと安倍首相は経済活性の戦略として人工頭脳を前々からプッシュしており、それに関連してiotとセキュリティーも買われると思っているからです。不動産と金融は追加緩和と補正予算絡みで買いだと思います。

 

ともかく、強い銘柄をトレンドが変わるまでガチホすることが儲ける秘訣ですね。あっちこっち定まらず歩き回っていると三分の一も儲けられません。