読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと落ち着いたように感じるマーケット

今日の寄りは200円安となり、「追加緩和のしょぼっぷりが尾を引くのかな・・・」と落胆していたものの、そこから一気に上げて前場のうちにプラテンし、一時前日比100円超の高値を付けていましたが、結局その後落ち着き前日比66円プラスで取引を終えました。

 

後場の動きをみていると、先週金曜日の日銀による株価ショックから一段落し、落ち着いてきたなという印象を受けます。

 

更に、日曜日に行われた東京都知事選挙で本命の小池百合子氏が圧倒的な勝利で終わったことも、株価が安定した要因であるといえます。

 

小池百合子氏といえばタカ派で有名であり、選挙にもその傾向が如実に表れていました。また、こちらは毛色が違いますが、ヘイトスピーチで有名な桜井誠氏が11万票を獲得して得票数で5位に入ってきたというのも、タカ派や右寄りの思想を象徴しているといえます。

 

このような思想は、現在日本が置かれている状況に対する国民の焦りなどを反映しているのでしょう。

北朝鮮のミサイル発射

イスラム国による相次ぐテロ行為

・イギリスのユーロ離脱

・景気が停滞していること

などによって、国として一致団結することの有効性を感じとっているものと思います。

 

ちょっと前になりますが、安倍首相が集団的自衛権の行使について発案をしましたが、世論では圧倒的に反対の意見があるものの、実際の世界情勢を考えてみると、先見の明があると言わざるを得ません。

 

私自身も戦争には絶対に反対であり、戦争の可能性を高めるというデメリットを少しでも高めるのには反対ではありますが、自らの国を守る抑止力となる法律であり、戦争に加担するというデメリットがないのであれば、逆に国や国民を守るということとなるので、今の情勢では至極当たりまえなのかなという考えをもっています。

 

100%イコールではありませんが、この辺の説明を再度行い、国としてリーダーシップを発揮してくれることを祈っている国民が多くなってきているということを今回の選挙から感じ取ることができました。

 

以上、かなり脱線しましたが、株価の方はこのまま素直に買われていくのではないでしょうか。「安倍に逆らうな」はマーケットの格言になっています。