不謹慎ですが、新型コロナウイルスによって儲かる企業アレコレ

f:id:mahirotyann1:20200220194558j:plain

本日、クルーズ船に乗船していた客のうち新型コロナウイルスに感染し重症だった2人の高齢者がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

それにほり日本株は暴落しましたが、思っていたほど下げ切らなかったという印象はあります。今後も同じような報道がなされることもあるかと思いますが、下げは限定的であるということを覚えておくようにします。

 

そんな新型コロナ一色の日本。それによってダメになる企業と儲かる企業がどうしてもでてきます。(不謹慎ですが…)

 

 

まず、ダメになる職企業

ダメになるのは

  • 観光業
  • 飲食業(レストラン・居酒屋・ファーストフード店など)
  • 運送業(新幹線・バス・電車)
  • 宿泊業(ホテル・民宿・温泉)
  • レジャー施設(ディズニー・遊園地・美術館・博物館など)
  • 百貨店

 

観光客がいなくなること、人々が外出しなくなることによって観光、小売りに関係するところは軒並みダメだと思います。その他、中国人・中国企業に依存している企業もダメになる可能性が高いですね。これは沢山あるので記載はしませんが、主にスマホの制作関係や精密機械関係、衣類、繊維関係、その他家電、雑貨、ペット関連などもそうですね。考えてみるとほとんどが中国に依存しているのが分かります。

 

 

次に儲かる企業

儲かるのは人々が引きこもることによって需要が高まるものになります

  • 食品の出前
  • スーパー
  • コンビニ
  • 弁当
  • インターネットショッピング
  • テレワーク
  • 在宅ワーク
  • ゲーム
  • レンタルビデオ
  • サブスクサービス
  • 運輸(ネットショッピングによる輸送量増)
  • 電話会社
  • 風邪関連(マスク・消毒液・薬局・病院)
  • 散髪セット(中国では売れているようです。日本では?ですが)

現在、すでにテレワーク関連企業の株が沸騰しているようですが、今後は出前関連銘柄やサブスクサービス、更に学校が学級閉鎖になったときに「通信教育関連」なども買われていくような気がします。皆が電車を避けてマイカーで通勤するようになるとガソリン関連やレンタカー、レンタサイクルなども物色されるかもしれません。

 

 

金利が安い時は買われ続ける

f:id:mahirotyann1:20190507180142j:plain

株の法則として「金利が安い時は買われ続ける」があります。この法則があるので、国も金利を下げて株高をお通しするという政策をとっています。そして現実的に低金利政策によって日米の株価は2013年から上が続けています。

 

この法則はよっぽどの何かがない限り続くので、現在のようなノイズが入る時がありますが、長期投資をしている限りは慌てる必要はないといえます。

 

しかし、やっぱり短期的にもお金を失うのは惜しい!と思うのが人の心です。そんな時はすっぱり売ってしまい躍進しそうな銘柄を物色するという方法もありだと思います。

 

とはいえ、短期売買(投機)はセンスが必要不可欠です。センスがないと上がったら買い、下がったら売るというトレードを繰り返してしまい、結果、お金が大幅に減っていたということになることが往々にしてあります。なのでセンスがない…と思ったのならば小型で成長著しい銘柄を選んで買ったのならば、金利政策が変更、又はその企業の成長が止まるなどがない限り長めにホールドするという姿勢が一番いいのでは?と思います。

 

 

これからのキーワードは新型コロナによる「死亡者数」と「感染者数」

f:id:mahirotyann1:20200218195148j:plain

日本株式市場は新型コロナウイルスの広がりによって軟調な地合いが続いています。日本人感染者が見つかり株価が下がり始め、今週に入ってからその下げ幅が加速しました。しかし、そろそろ総悲観状態になりつつあるので、リバウンドがありそうな予感もしています。そのリバウンドを虎視眈々と狙っている短期投機家の荒い息遣いが聞こえてきそうです。

 

 

反発はいつになるのか?

反発は恐らく明日か明後日に感染者数が数人程度となり、更に今現在感染している人の周囲で出ている状態であれば買いが売りを上回る日が来ると思います。その時に売りを巻き込むほど急激で力のある上げであれば爆発的に上がることが想像されますが、やはりマインド的には「下」、地合い的にも「下」なので、何か大きなインパクトがない限り、また下げチャートに転換していくでしょう。

 

 

キーワードは「死亡者数」と「感染者数」

一つ地合いを決めていくキーワードになるのが死亡者数と感染者数です。まず死亡者数ですが、まだ国内で感染して死亡したのは1人だけです。持病があり高齢者だったということもありそれほそ悲観的な状況ではありませんが、これが持病がなく若い人であれば人々に衝撃を与えるので相場もあれると思います。また、大量の人が亡くなるということになると一気に総崩れがいやおうなしに起こるでしょう。

 

次に感染者数です。まだ人々が耐えられる「想像の範囲内」の感染者数ですが、これが一気に100人超の集団感染が発表されるなど、パンデミック状態ともとれるような報道がなされると確実に株価は暴落します。政府が管理体制を整えたということなので、集団感染が報告されることは十分に考えられるのでリスク管理しておいた方がいいといえます。

 

 

最も怖いのはアメリ

株価暴落で最も怖いのはアメリカでの集団感染です。

president.jp

インフルエンザと報道されているのが、実は新型コロナウイルスだったならそれこそ世界中はパニックに陥ります。株価はリーマンショック急に暴落するでしょう。アメリカと中国経済が風邪をひけば全世界が風邪を引くことになります。

 

 

そして一番怖いのは中国の報道操作

最も怖いと書きましたが、自分はここはそれほど心配ないのかな?と思っています。中国が実は報道を操作していて、新型コロナウイルスの致死率はもっと高い可能性があります。もし仮に5%以上の致死率であるならば世界中を混乱に陥れるということになります。

 

が、今の日本での感染者を見ていると、概ね中国が発表している致死率と同じくらいなのかなという見方をしています。よって最も怖いと書きましたが、情報操作していれば怖いですが、恐らく大丈夫なので心配しなくていい案件だといえます。

 

 

 

最後に今後の株価はどうなっていくのか

f:id:mahirotyann1:20200218200935j:plain

一切分かりません。何故かというと過去の判例がないから。過去にはSARSなどの感染症鳥インフルエンザ、MERSなどが世界的に流行したことがありましたが、日本とアメリカは無風でした。感染地域の株価は暴落しましたが、今回のように経済封鎖というような神経質な状況にならなかったので、経済への影響も限定的でした。よって予想できないというのが答えになります。

 

これは予想ですが、今の中国の状況を見ているとあと1~2か月の間に急激に感染者数及び死者数が減少し、3~4か月後にはほぼ封じ込めるような感じがします。

 

日本もプチパンデミック状態になったと想定すると、今の中国の状況になるのは1か月後、よって封じ込めは今から5か月後程度になると予想できます。

 

もちろん、株価は封じ込められてから好転するのではなく、状況に見通しがつけば買いが優勢になります。よって、これから1か月ほどは軟調な地合いが続くと思いますが、その後は一気に解放されて買いが先行するのでは?と読むことができます。

 

とはいっても、これは最善の予想であり、もし日本国内でパンデミックが起こってしまい経済閉鎖という状況が作り出されてしまった場合には、リーマンショック級の暴落及び各企業の業績悪化の嵐となり、余剰金の不足による大恐慌が起きる可能性もあります。

 

このように色々な視点で動向を見守って判断していくということが大事になります。

きな臭い香りが漂いまくってきた日本経済

f:id:mahirotyann1:20200215194026j:plain

きな臭い香りが漂いまくってきた日本経済

当初は楽観視していた人が多い新型コロナウイルスですが、ここに来てきな臭い香りがプンプンと漂ってきました。その理由は日本全国で感染者が報告されていること。そして噂によると、未だに発熱者に対して日本の医療機関は「検査」を実施していないことです。

 

この「検査を実施していない」のソースは2チャンネルの記事

getnews.jp

なので本当かどうか分かりませんが、何となく本当あるいは「このようなことがあり得る」と判断できます。

 

そして何より怪しいのが現在の東京が1か月前の武漢の状況と全く同じこと。

blogos.com

 

 

一番の懸念材料は鈍感な政府

一番の懸念材料は鈍感すぎる政府の対応です。他国の首相は次々と中国からの渡航を制限するとうリーダーシップをとっているのに対し、日本は湖北省浙江省からの入国を拒否しているだけです。

 

世界で一番中国人による感染被害を受けているにもかかわらず、未だに全面的な渡航制限が出来てないって…。今まで安倍総理はそれなりにリーダーシップのある政治家だと思ってきましたが、現在のような危機的状況においてはあまり発揮できていないと思います。所詮、政治家は経済優先ということでしょうか。残念です。

 

経済優先で渡航を制限できていなかったがために、逆に感染者を広めてしまい日本全体の経済を縮小させてしまうということになっています。この辺はちょっと考えると分かるはずですが、日本国内の医師の「インフルより致死率が低い」や「WHOの控えめな見解」を信じた結果、ずるずると制限

できないまま来てしまったのでしょう。

 

 

優先すべきは人命

何よりも優先すべきは人命です。例えインフルエンザよりも致死率が低かったとしても、その疾患によって人が亡くなるのが分かっているのであれば、リーダーシップを持って感染を阻止するのは政治家の仕事であり、更に「最悪の事態」を想定して動くのは危機管理の基本です。

 

クルーズ船の感染者が218人になりました。

news.tbs.co.jp

このニュースを観て勘のいい人は気が付いているかもしれませんが、感染者の唾液などを触り感染する接触感染、くしゃみなどによって感染する飛沫感染だけではなく、飛沫核が濃縮されて空気を漂い感染する「空気感染」が起きていることが想像できます。

 

識者はテレビなので空気感染はしていないと言っていますが、空気感染なしでここまで感染が広がるには考えにくいです。よって、新型コロナウイルス「COVID-19」は空気感染によって多くの人に感染されていく感染症だという認識を持つべきです。

 

 

これからの日本で想像されること

f:id:mahirotyann1:20190412181133j:plain

恐らくパンデミックは免れないと思います。中国人観光客が多い都市部を中心として感染が広がっていくでしょう。特にウイルスが濃縮されやすい密室(電車、バス、オフィス、病院など)で広まりやすくなります。

 

現在の武漢のような状況になることは考えにくいですが(武漢の場合は初動が遅すぎた)、数百人規模の感染者が各都市で出るのでは?という想像をしています。

 

これにより、イベントなどはもちろん、学級閉鎖や出社制限なども各所でおきるために経済はかなり縮小すると読み取れます。

 

新型肺炎の症状は強く出る場合とそうでない場合とがありますが、恐らく免疫の強さと弱さの両方が関連していると思われます。

 

免疫が強いと免疫反応が強く出るために、白血球が自己の細胞まで攻撃してしまうので症状が強く出ます。逆に免疫が弱い場合でもウイルスに侵されやすくなるので症状が強くなります。子供に少ないのは胸腺が関係しているのかな?と勝手に想像しています。

 

いずれにしてもしばらく相場とは離れたほうがいいような気がします。

 

 

headlines.yahoo.co.jp

こんなニュースも入ってきていますが、SARSの一番感染者が多かった時期は5月なので、あまり信用できませんね。とはいえ、気温が上がれば活性が低下するというのは間違いないみたいなのでオリンピックまでには収束するのかなという期待も持っています。

 

 

日経は24000円の壁を破ることができない説

f:id:mahirotyann1:20200213190533j:plain

 

日経は24000円の壁を破ることができない説は株をやっているものであれば誰もが知っている、又は意識していることではないでしょうか。

 

特に最近はこの法則を頑なに守るような動きとなっています。そして今回もまた2月6日に24000円に届きそうな感じになってから一転して売り優位的な動きとなっており、本日(2月13日)の午後7時、先物は急落しています。

 

今回の先物の下げは、都内のタクシー運転手が新型コロナウイルスに感染したというニュースも少し関係あるのかな?と思っていますが、AIによる売買が行われている昨今、機械的に24000円の法則で売られている可能性も否めません。

 

 

そして何より気になるのが「三尊天井(トリプルトップ)」

私はあまりチャートによる売買はしないのですが、それでも多少は意識します。今回気になるのは三尊天井(トリプルトップ)です。日経のチャートを見ているとキレイな三尊が形成されています。

 

そして、何より世界の経済が不安定になっているのが気になります。唯一アメリカだけは堅調ですが、中国、韓国、日本、インド、ヨーロッパの経済が反転しているとしてか思えません。

 

特に新型コロナウイルスの影響が無視できないほどとなっており、前回のブログで「長期保有で考えている方は短期的な影響を無視しても大丈夫」的なことを書きましたが、もし日本でもパンデミックになり、全世界的に「鎖国」的な状況になったことを考えると、リーマンショック以上の大恐慌が来ることも考えられます。

 

 

賢明ならば半年くらい気絶しておいた方がいい

もし、資産を1円も減らしたくないと思うのならば、半年くらい資金を引き揚げて気絶しておいた方がいいかもしれません。

 

前回のSARSを考えると、感染発表後半年くらいで何事もなかったかのように世界経済は復活していましたが、今回はちょっと事情が異なると思います。何が違うかというと感染スピード、そして世界への感染の広がりです。

 

感染スピードが速く、すでにSARSの時の感染者数、死亡者数を超えています。それでいて未だ感染者数が増え続けています。そして、特に日本において感染者が連日増えています。収束、目途が見えたなどの報道も少し耳にしますが、全くそのような気配はないといえます。

 

 

下方修正、悪い決算が次々と発表されそう

当然のことながら、中国の状況がこのまま長引けば、日本国内の企業にも影響が及び、決算報告にて悪い決算及び下方修正が次々と発表されるという悪夢も考えられます。そうなると連鎖的に日本の企業に影響が及ぶのはもちろん、アメリカやヨーロッパの企業にも影響することが考えられます。

 

一つの目途となるのが「今年度内」ですね。ここまでに収束又は収束の目途がついていれば例え株価がヤバいことになっていたとしても経済全体が崩壊するということはないと思います(当然、4月までの経過にもよりますが)。

 

また、新型コロナウイルスの「悪性度」によっても全然違ってきます。今の情報は全て中国から発せられたものなので全くあてになりません。現在、日本で報道されている致死率は2%程度ですが、実際には0.8%くらいなのでは?といわれています。実際にその程度(0.8%)であれば恐るるに足らず、インフル同様程度なので長引くと共に危機感が薄れていくので相場への影響は限定的になると思います。更に感染の広がりやすさも問題になります。

 

しかし、これが全くのウソで3%くらいの致死率であるならば、世界の恐怖は増して経済への悪影響も増していくと考えられます。これは実際に中国の外でウイルスが出て罹患者が増えなければ分かりません。

 

これらを含め、今後どうなっていくのかによって大きく変わっていくといっていいでしょう。

 

 

まとめ

f:id:mahirotyann1:20200213193109j:plain

理想のシナリオは24000円の壁を破ることができない説は愚説であり、何のことだったの?というほどあっさりと上がっていってくれることです。

 

そのためには、まず新型コロナウイルス騒ぎが収束してくれること、そして、アメリカに続いて日本経済が上向きになってくれることです。

 

日本経済はまだまだ神経質な状況となっており、倒産件数の増加、景気の低迷、人出不足などの問題が横たわっています。これらは問題をクローズアップしてニュースにするという日本の悪い癖が出ており、実経済は前進していてもそれを国民が感じ取れてないという側面もありますが、これらを全て含めて皆が好景気を実感できるような方向にどうやって考えていくかという日本の課題であります。

 

株高が好景気の指標ではありませんが、株高は企業に余剰金をもたらし、それによるトリクルダウンで経済を潤すという役割があります。よってまず株高が先行し、そこから余剰金によってハイテク産業だけではなく、第一次産業や小売店、町工場などへどのように波及させていくかということを考えていかなくてはなりません。

新型コロナウイルス銘柄はもう終わりなのか?

f:id:mahirotyann1:20200208204128j:plain

写真ACより引用

新型コロナウイルスが先月から中国及び全世界で猛威を振るっています。それにより、投資の世界では関連の銘柄が満遍なく買われたという感じになりました。

 

マスクの川本産業やダイトウボウ、アゼアス、重松、二酸化塩素の中京医薬、大幸薬品、マナックなどを筆頭に様々な銘柄が買われました。

 

そしてこれら銘柄が買われなくなると同時に日経株価が急上昇、売りの買戻しを伴い大幅上昇しました。

 

と、同時に検査キット関連(タカラバイオ栄研化学)などが沸騰。

 

その後、クルーズ船の大量罹患のニュースが報じられると、またダイトウボウや中京医薬、日本ユピカ、日本エアーテックなどの関連銘柄が買われ始めています。

 

今後はどうなるのか

私もですが、今後どうなるのかが一番気になるところですね。先週末にダウが雇用統計がいいにも関わず暴落したところを見ると、週明けはまた普通株は暴落、そして新型コロナウイルス関連が買われるというのが予想できます。

 

で、気になるのが「高値掴みにならないか」です。寄りだけ高くなり、その後ジリ下げしたら負け決定になります。

 

これからの株価を読む時に大事になるのが「新型コロナウイルスの患者数・死亡者数」です。前回持ち直したのは新型コロナウイルスはどうやら弱毒性らしい、という噂と新薬やワクチンの開発が進んでいるというニュースによる「一時的な安ど感」によるものです。

 

そして今は「クルーズ船にて大量の感染者が見つかった」ことと「アメリカと日本人の死者が出た」という新たな不安材料が出ていることにより、第2の恐怖が世界を震撼させています。また経口感染の疑いという新たな材料も飛び込んできています。

 

これらを総合して考えると「楽観視はできない」という結論に行きつきます。

 

最悪のケースを想定すべき

楽観視はできないということですが、結局、今後、日本でも中国のような状況が起きるかもしれない、そして世界的に起こるかもしれないということを想定しておくべきだと思います。

 

一方で、中国でパンデミックが起きているのは「初期の対応がまずかった」が故にここまで感染者を広げてしまった。また経口感染についても、おまるを使っていたことによる感染拡大が噂されています。よって、初期対応をしっかり行い、更に水洗トイレが一般的な先進国では感染が拡大しないと捉え、一気に事態が収束へ向かうということも考えられます。

 

この両方を考えた上で行動することが求められます。リスクを負いたくない、お金を減らしたくないと思えば完全に収束するまで投資はしないようにし、果敢に攻めるといった場合はその時の雰囲気でデイトレ又はスイングすればいいのではないでしょうか。

 

 

長期投資家はどうすればいいのか

長期のファンダ投資家は致死率がインフルエンザよりも低いことを想定するのであれば、ノイズ程度に収まると思うので、手数料、税金云々を考えればホールドでいいと思います。リーマンショックのような事態に発展することはまず考えられません。

 

 

まとめ

f:id:mahirotyann1:20200208210738j:plain

写真ACより引用

デイ・スイングトレーダーでお金を減らしたくないという方は手じまいして様子を見るようにします。

 

果敢にお金を儲けたい!という場合はチャレンジしてください。日経が上昇することにかけるか、それとも新型コロナウイルス関連にかけるか2者択一です。その他、好決算銘柄などでもいいですが、地合いがいいと判断されたときに限りです。また、新型コロナ関連以外のテーマ株に関しては、大きなニュースがある以外は触らない方がいいと思います。

 

日経が買われるか新型コロナ関連が買われるかは全く分かりませんが、今の雰囲気だと日経寄り底になる感じでしょうか。ジリジリ買われてふにゃふにゃらと流れ、新型コロナ関連もタカラバイオ以外はよくわからない動きになりそう、運転手さん次第といったところでしょうか。

 

いずれにしても日曜日及び月曜日のニュース次第という感じになりそうです。

これから注目されそうなテーマ銘柄

中国の爆買いがひと段落し、百貨店などの小売銘柄の決算が軒並み前期割れを発表しています。これが単に爆買いの反動なのか、それとも日本が不景気に陥っているのかということを分析しなければなりませんが、売り上げが減少しているのは間違いありません。そんな小売銘柄が影を落とす中、これから注目されそうな銘柄を取り上げて見ます。

 

①医療+人工知能

いかにも短期筋が好みそうなテーマです。先日、ガン治療薬を人工知能が選択するというニュースが飛びんこでから

・FRONTEO(2158)

・フォーカスシステム(4662)

が物色されています。更に個人的には医療データを保険や医療データによる治療、予防医療に力を入れている「ノーリツ鋼機(7744)」にも注目しています。

 

 

②カジノ

昨日遅く公明党がカジノ法案の審議入りを認めるとの報道が発表されました。

headlines.yahoo.co.jp

これにより、カジノ法案は一気に動き出すことが考えられます。カジノ銘柄の本命は

・テックファーム(3625)先日の増資も動きを睨んでのことか?

オーイズミ(6428)

・日本金銭(6418)

・インターライフ(1418)

ユークス(4334)

アドアーズ(4712)

桜島(9353)

くろがね工作所(7997)

まーこの辺を抑えておけばいいのではないでしょうか。テックファームとインターライフ辺りが本命でしょうね。桜島も面白いです。

 

③VR

ひと相場終わった感が強いですが、中長期としてにぎわいを見せていく可能性が高いので、ちょいちょい出るであろうカタリストによって小噴火を続けていくことが予想されます。

 

今後は恐らくですが、ハードよりもソフトによる影響が強いのかなと思いますね。その点ではサン電子やグリー、サイバネット、スクウェアエニックスなどに注目しています。

 

その他、アミューズメント施設などにも導入されることが考えられるので、カジノ銘柄にも取り上げたアドアーズなども面白いのかなと思います。とにかく、ポケモンGOのような話題+売上+面白さを兼ね備えたソフトが出れば一気に過熱することが予想されます。

 

 

④5G

これは再三再四このブログで取り上げています。自動運転、高画質映像のスマホ受信、iot、ict、ロボット制御など挙げればきりがないほどの材料があります。オリンピックに向けて本腰を入れてくると思うので、中長期で持てる銘柄となります。

・サイバーコム(3852)

・アルチザ(6778)

理経(8226)

パルテック(7587)

・ネクストジェン(3842)

などが本命となります。その他、次世代映像関連の

・アバール(6918)

・テクノマセ(3787)

・日本ラッド(4736)

・ニューテック(6734)

・メディアGL(6659)

ソリトン(3040)

などにも要注目です。

 

以上以外にも引き続きiot関連、モバイル決済関連、システム構築関連、次世代電池関連、半導体関連、人材派遣関連、アルミ関連、人工知能、生体認証なども物色されていくことが予想されます。

モバイル決済本格化

LINEペイ、アップルペイ、アリペイ(中国)、ペイティーエム(インド)など、世界各地でモバイル決済の大流行が起きています。

 

フィンテックの本格普及で、スマホ端末をかざすだけで買い物が出来てしまうというサービスが急速に普及しています。仕組みは簡単、銀行口座を指定しておくだけで、後はモバイル決済サービスを提供しているアプリをダウンロードして口座を入力し買い物するだけ。

 

今までのクレジットカードと仕組み的にはなんら変わりがないですが、カードを持ち歩くことなくスマホだけあればOKという手軽さがうけています。カードを作る際の審査や面倒な書類の作成などの手間がないという点もメリットとしてあります。

 

恐らくこの動きは止めることができないので、「世の中から現金がなくなる」のは意外と早く訪れるかもしれません。

 

銘柄としては格投資家さんたちはすでに既知の内容なので、すでに物色されているものがほとんどとなっており、すでに買う時期は過ぎているというのが実感としてありますが、これからは業績、ファンダメンタルズによる長期的な投資目標として買われていることが予想されるので、中長期で投資をするというスタンスであれば買いだと思います。

 

以前、モバイル決済銘柄を紹介しました

mahirotyann1.hatenablog.com

これらの銘柄に加えて、今後どのような企業が進出して成果を上げていくのか要注目です。

 

個人的にはモバイル決済の台頭=スマホセキュリティーの強化、ATMの必要性向上、サラ金、カードローン需要の拡大を睨み、まださほど注目されていないインテリジェントウェイブを監視する予定です。